【アメリカの電気コンロの掃除】吹きこぼれの焦げを掃除する方法【COOK TOP CLEANING】

*当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

コンロ

アメリカで一般的な、渦巻き状の電熱線が発熱する電気コンロは、熱しにくく冷めにくいので慣れるまで使いにくいですよね。

吹きこぼれると、すぐに焦げてしまいます。

このブログでは、電気コンロの焦げの落とし方をご紹介します。

Cook Top Cleaning

電気コンロは火力の調整が難しく、吹きこぼれしやすいです。

我が家の場合、通常はコストコ(Costco)で購入しているBaby Wipesで拭き掃除をしていますが、焦げは取れません。

ウェットティッシュ

そこで、Weimanの『Cook Top Cleaning Kit』を購入しました。

コンロのクリーナー

Amazonで2021年10月現在、Cooktop Cleanerでランキング1位になっていた商品です。

クリーナーとスポンジ、削るためのスクレーパーの3点がセットになっています。

お掃除キット

クリーナーは蓋を回して開けて、シールを剥がしてください。

クリーナー

スクレーパーは、刃が上下逆さまに入っているので、刃が鋭い方にセットし直します。

スクレーパー

黒いねじの部分を反時計回りに回すと、刃を取り外すことができます。

この時、部品が無くならないように気を付けてください。

掃除の仕方

掃除の仕方は簡単です。

  1. コンロにクリーナーをつける
  2. スポンジで擦る
  3. 汚れがひどい部分はスクレーパーで削る

我が家の電気コンロは4つありますが、手前の2つの焦げ付きが酷いです。

画像はコンロの真上にある電子レンジなどが映りこみ、見にくくなっています。

コンロ

焦げが円状になっており、表面もザラザラしています。

クリーナーをコンロに直接かけて、スポンジで力強くこすります。

両手でかなり力を入れないと、汚れは取れませんでした。

コンロ

スクレーパーで、更に焦げを削っていきます。

スクレーパーは45度の角度で、気を付けて使ってください。

最初は恐る恐るスクレーパーで削っていましたが、力を入れないと削れませんでした。

焦げに対して、色々な方向からスクレーパーを当てると削りやすいです。

コンロ

焦げつきが酷い場合は、クリーナー、スポンジ、スクレーパーを数回繰り返す必要があります。

5回ほど繰り返したところで、徐々に焦げが削れて綺麗になってきました。

コンロ

クリーナーは時間が経つと乾いてしまいます。

筆者はコンロ4つ同時に掃除をし始めましたが、焦げ取りに苦戦しているうちに、クリーナーが乾いて無駄になってしまいました。

汚れが酷い場合は、コンロ1つずつ掃除することをおすすめします。

コンロが綺麗になったら、クリーナーを拭き取ります。

筆者はBaby Wipeで拭きました。

キッチンペーパーや布巾などで拭いても構いませんが、ウェットティッシュの方が拭き取りやすいです。

コンロ

かなり綺麗になりました。

1番汚かった、手前右側のコンロを掃除の前後で比べると一目瞭然です。

コンロ

焦げで隠れていた『Power Boil』の『Power』という文字にも、初めて気が付きました。

コンロ

表面もツルツルになりました。

コンロ中心部は傷になってしまっているため、変化はありません。

お掃除キットの使用後は、スポンジはそのままで、スクレーパーは汚れを拭き取りました。

スクレーパーは隙間にクリーナーが入ってしまうので、刃を一度外して拭き掃除することをおすすめします。

感想

Weimanのクリーナーキットを使ってみて、クリーナーも大事ですが、スポンジとスクレーパーがとても役に立つと思いました。

焦げつきはスクレーパーで削らないと綺麗になりません。

クリーナーは56.7g入りの小さいボトルでしたが、約半量を使用しました。

かなりの量を使ったので、ご家庭の汚れ具合に応じて、大きいボトルのクリーナーを購入しても良いと思います。

まとめ

  • 電気コンロの焦げ付きには、WeimanのCook Top Cleaning Kitがおすすめ
  • 頑固な汚れには、スポンジとスクレーパーを繰り返して使う
  • クリーナーは時間が経つと乾くので、少しずつ使うと良い
Life
すろすろぐをフォローする
すろすろぐ

コメント